とよよんニュー詩「もくとう(黙祷)」とよよん

なつになると「もくとう」ってあるよね。

あさ、テレビをつけていると、みんな、
だまってめをつむってる。
サイレンのおとが、ウーってなるよね。

とくに、八月六日と九日の、げんばくきねんび。

七十ねんまえの、はなしだけれど。

にほんの「ひろしま」では十四まんにんが
「ながさき」では七まん四せんにんが
げんしりょくばくだんで、ころされた。

にほんじんだけではなかったよ。がいこくのひとも、そこにいたひとたちは、みんな。

ひろしまでは、げんしりょくばくだんは、じめんから六百メートルのところで、ちいさなたいようのように、ばくはつしたんだって。

ちじょうは、四せんどという、たかいおんどになったんだって。

もくもくと、おおきなきのこのように、くものかさがひろがって。

ばくはつのねつで、くろこげになって、しんだひと。
ひふが、やけただれて、かみのけもずるずるぬけて、おばけみたいに、かわのほうへあるくひと。
みずをのんで、そこでしんでしまったって。

こわくない?
わたしはとてもこわい。

きみたちがおおきくなって、そんなふうにされたり、そんなふうにするひとになることが、とてもこわい。

だから、ずっと、おにいさんやおねえさんになっても、おじさんやおばさんになっても、おじいさんやおばあさんになっても、おぼえていて。


げんしりょくは、こわい。

せんそうは、こわい。


わすれては、いけないよ。

たくさん、ひとが、しぬんだよ。


ここで。きみのまちで。

あるいは、どこかで。

 

image


タイトルイラスト:犬山しんのすけ

原子爆弾などの核爆発によって起きる積乱雲の一種、キノコ雲(原子雲)のイラスト by いらすとや

コメントはこちらにどうぞ