あおぞらそんぐ「B品」サトウアツコ

どこも壊れてなんかいない
ほつれた場所を隠してる

とれかけたボタンは
旅に行ったまま

穴のあいた場所から
のぞく 光と闇

いい生地なのに
素敵なデザインなのに

手にとって
一番 損傷の少ないものから
売れていく

ほんの少し
手を加えてあげたら
甦ること知りながら 手間を省く

そぎりおとされる 心
時間にかえがたいもの
確かめたいのは ものへの愛着心

一枚の生地が
一つの形になるまでの月日を考える

縫い直され
新しいボタンに付けかえてもらう

B品だったことで繕う 心
息づくように
袖を通すと喜びが伝わってくる

何回 お洗濯しても
クタクタにならないのは
品がいいから

風に吹かれても
くたびれたなんて
言わせないんだから

1 Comments

  1. Pingback: ぽえとぴあ。Vol.4【2016/2/1-3/21】 – きさらんぱさらん。

コメントはこちらにどうぞ